今回はシエンタ(ガソリン車)の購入を前向きに検討しているけど

「ディーラーで試乗したけど短時間だったのでちょっと...」

「シエンタ ガソリン車の実燃費ってどれぐらい?」

「買い物や通勤時の燃費は?」

「高速道路や峠ではどれぐらい走るの...」

と思っている方に見て頂きたい内容!

シエンタ ガソリン車を市街地・郊外地・高速・山道で試乗しましたのでレポートにまとめました。

実際に試乗して計測した実燃費を中心に、運転してこの点は高評価・この点は少し不満。残念に思った所などをやや辛口にレビューいたします。

今回試乗したシエンタの基本データー

シエンタ外装画像2

型式 DBA-NCP175G
タイプ ガソリン車
車両重量 1,320Kg
燃費消費率(JC08モード) 20.2Km/L
総排気量 1,496L
最小回転半径 5.2m
トランスミッション CVT-i
馬力 109馬力

2018年9月加筆

2018年9月にシエンタはマイナーチェンジを行いました。

ここでの記事は、マイナーチェンジ前のシエンタを特集していますが、マイナーチェンジ後の新型シエンタ「ガソリン車」の燃費はこれまでと変更がなく、JC08モード 20.6km/Lのままでした。

後日詳しく特集しますが、ここでの記事も参考にして頂ければ幸いです。

詳しくは>>>マイナーチェンジした新型シエンタは即買いレベル!6つの改良点でさらなる進化!

スポンサーリンク

郊外地の試乗と実燃費

市街地

普段の買い物を想定して試乗

まずは普段の買い物などを想定して生活圏内を試乗!

ルートは薬局→コンビニ→スーパー→郵便局を走行しました。

自宅から平日の昼間に速度制限は30km~50kmの道路を車の流れに沿って走行。

各場所ではエンジンを切り実燃費を計測。

環境は、「外気温22度」「「エアコン設定温度25度」「アイドリングストップON」

少し自宅から遠くの薬局店へ

薬局

実燃費とデーター

ガソリン車実燃費データー1

走行距離 4.1km
走行時間 14分
実燃費は12.4Km/L

途中コンビニへ

ローソン

実燃費とデーター

ガソリン車実燃費データー2

走行距離 1.0km
走行時間 4分
実燃費は約11.8Km/L

そこからスーパーで買い物

スーパーマーケット

実燃費とデーター

ガソリン車実燃費データー3

走行距離 1.1km
走行時間 4分
実燃費は約12.1Km/L

最後は500m離れた郵便局のATMへ

郵便局

実燃費とデーター

ガソリン車実燃費データー4

走行距離 0.5km
走行時間 2分
実燃費は9.8Km/L

買い物を想定した実燃費とデーター

合計走行距離 6.7km
合計走行時間 24分
平均実燃費は約11.5Km/L

日常生活では実際にこれぐらいの距離間の移動も多いと思います。

やはり近距離の移動だと燃費は悪いなとの印象。

それでも平均すると10.0Km/L以下にはなりませんでした。

毎日の通勤を想定して試乗

次は毎日の通勤を想定して試乗!

試乗した区間は、松山空港(愛媛県松山市南吉田町2731番地)~

松山空港

道後温泉本館(愛媛県松山市道後湯之町5-6)

道後温泉

平日の昼間に速度制限は30km~50kmの道路を車の流れに沿って走行。

環境は、「外気温19度」「エアコン設定温度25度」「アイドリングストップON」

朝の時間帯よりは車の流れはスムーズですが、やや混んでいます。

渋滞

通勤を想定した実燃費とデーター

通勤時燃費データー

走行距離 10.2km
走行時間 27分
通勤を想定した実燃費は14.7Km/L

朝の混雑時にはもう少し実燃費は悪くなると思いますが、今回は停車(アイドリングストップ)も多めでしたが連続して10キロ走行すると実燃費は約15kmでした。

高評価だった所

今回は時間帯が昼間だったので渋滞ではありませんでしたが、アクセル、ブレーキペダル共軽いので夕方の渋滞時にも疲れが軽減される印象。

買い忘れた時なども最小回転半径が5.2mなのでUターン時に小回りが利きスムーズに曲がれると思います。

ガソリン車ですが車内のエンジン音も想像以上に静か!

不満だった所

信号待ちでアイドリングストップ機能が作動します。ひと昔前よりも改善されていますがやはり再始動の際は不快な感じがします。

アイドリングストップ機能オフで乗るかアイドリングストップキャンセラーが必要だと思います。

郊外地の試乗と実燃費

シエンタ海岸線ドライブ

今度は休日のドライブを想定して郊外地の海沿いを試乗していきます。

試乗した区間は、松山観光港(愛媛県松山市高浜町5丁目2259番地1)~

観光港

道の駅「風早の郷 風和里」(愛媛県松山市大浦119番地)

道の駅ふわり

ルートは、「松山観光港」松山観光港→県道39号線→国道196号線→県道179号線→「風早の郷」

海岸線が続く県道と国道。信号もあまりなく速度制限は40km~50kmの道路を車の流れに沿って走行。

環境は、「外気温22度」「「「エアコン設定温度25度」「アイドリングストップON」

実燃費とデーター

シエンタ郊外地実燃費データー

走行距離 18.1km
走行時間 28分
郊外地の実燃費は約20.4Km/L

ガソリン車なのに割と燃費がイイな~との印象。

高評価だった所

50~60kmの速度間は実に安定していて安心して運転する事ができます。

フロントガラスが大きいので視野も広く快適!

不満だった所

渋滞時などの速度0~30km走行では気にならなかったが、全方車両がいない場合の加速にモタツキを感じる。

トランスミッション CVT-i・排気量1,496L・車両重量 1,320Kgを考えると我慢できない程では無いがもう少しスムーズな加速が欲しい。

スポンサーリンク

高速道路の試乗と実燃費

高速道路

次は高速道路を試乗しました。

試乗した区間は、松山インターチェンジ(愛媛県松山市北井門2丁目 )~

松山インターチェンジ

内子五十崎インターチェンジ(愛媛県喜多郡内子町)

内子インターチェンジ

速度制限は70kmの高速道路を車の流れに沿って走行。

環境は、「外気温23度」「エアコン設定温度25度」「アイドリングストップON」

高速道路での実燃費とデーター

高速道路実燃費

走行距離 36.3km
走行時間 38分
高速道路での実燃費は17.1Km/L

高評価だった所

Aピーラーの所からドアミラーがしっかりと直接視界が確保されているので合流や追い越し時に見やすい。

純正のサイドバイザーが取り付けられていたが風切り音はそこまで気にならない。

あまりスピードが出ている感じはしないので運転していて安心感があり疲れにくい。

シエンタはクルーズコントロールをオプションでも付ける事ができませんが、アクセルも軽くスピードのコントロール性能は高いと思います。

不満だった所

若干のエンジン音とロードノイズが気になる。

制限速度が100km以上の高速道路では、純正のカースピーカーでは後部座席はクリアーな音源で聴けない。(別高速道路走行時のレビュー)

高評価で少し触れましたがクルコンが無いのでこの機能が必要な方は...せめてオプションで選ぶことが可能だったらなと思いました。

山道の試乗と実燃費

峠

最後は山道(峠)を試乗しました。

試乗した区間は、犬寄峠(愛媛県伊予市の南部に位置する峠)~

犬寄峠

伊予市仙波青果バナナ館(愛媛県伊予市中村231)

伊予市中山町

平日の夕方に速度制限は40km~50kmの道路を車の流れに沿って走行。

犬寄峠は標高約300mで緩やかな勾配が続く山道。

環境は、「外気温20度」「「エアコン設定温度25度」「アイドリングストップON」

犬寄峠での実燃費とデーター

犬寄峠実燃費データー

走行距離 21.2km
走行時間 20分
犬寄峠での実燃費は20.3Km/L

えっ!

緩やかなカーブが続くとは言え峠で実燃費20.3Km/Lは驚き!

別の日に三坂峠(愛媛県松山市と上浮穴郡久万高原町の市町境にある峠)~

三坂峠

久万高原の駅(愛媛県上浮穴郡久万高原町入野1180)

久万高原町道の駅

平日の午前中に速度制限は40km~50kmの道路を車の流れに沿って走行。

環境は、「外気温26度」「「エアコン設定温度25度」「アイドリングストップON」

三坂峠での実燃費とデーター

三坂峠実燃費データー

走行距離 16.7km
走行時間 20分
三坂峠での実燃費は11.3Km/L

三坂峠は標高約720mで勾配も急なため上り下りともスポーツドライブモードを多く使用。

走行した感じでは燃費は10Km/L以下だと思っていましたが、この試乗テストでも10Km/L以下にはなりませんでした。

山道での実燃費とデーター

合計走行距離 37.9km
合計走行時間 40分
平均実燃費は約15.8Km/L

高評価だった所

ガソリン車のシフトにはS(スポーツドライブモード)のポジションがあるので峠下りのエンジンブレーキを使いスムーズな運転が可能。

ステアリングも太くて操作性も軽いので曲がったくねった山道でも安心感があり運転しやすい。

不満だった所

今回乗車2人で試乗の場合は思わなかったが、仮に4人・5人と乗車すると上りは若干パワー不足でしんどいかもしれません。

まとめ

今回試乗テストではシエンタ ガソリン車の実燃費は15.9Km/Lとなりました。

トータル実燃費とデーター

合計走行距離 109.2km
合計走行時間 2時間37分
平均実燃費は約15.9Km/L

シエンタJC08モードの燃費は20.2Km/L

一般的には実燃費はJC08モードの8割=16.16Km/Lと言われていますので、まずまずのテスト結果です。

今回試乗してみて全体的に非常に安定して乗りやすい車だと感じました。

ミニバンにしては目線の位置は若干低いですが視界はかなり良好で高評価です。

小回りも利くので、女性の方や年配の方まで幅広く人気なのも納得!

逆に悪く言えば安心感があり操作性も良いのでワクワクする車ではない気がします。

アクティブな男性の方には若干物足りないかも...

シエンタは、ご夫婦と小さなお子さんが2人の家族4人で選ぶなら最適の車だと思います。

いくら7人乗りと言っても日常使いでは厳しいと思いますので、大家族の方はもう少し排気量の大きいミニバンを選択される方がイイかもしれません。

今回試乗した距離は短かったですが、ディーラーだけの試乗だけでは決して分からないだろうなと言う部分も発見することができました。

シエンタ購入を検討されている方は、ディーラーでの試乗だけでは短時間のため分からない事も多いので、一度レンタカーを利用し少し長い距離をドライブしてから購入を決めてをイイかもしれません。

短時間のレンタルなら意外に安いんですよ。